サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予算制限の効果にF1運営団体のロス・ブラウンが自信……ウイリアムズの復活も「祈っている」

ここから本文です

予算制限の効果にF1運営団体のロス・ブラウンが自信……ウイリアムズの復活も「祈っている」

予算制限の効果にF1運営団体のロス・ブラウンが自信……ウイリアムズの復活も「祈っている」

 2021年から、年間のチーム予算に上限が設けられるなど、F1は新たな時代を迎える。これにより、トップチームと中団チームの差が縮まることが期待されているが、その有効性には疑問の声も上がっている。

 しかしF1のモータースポーツ面のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、効果があるはずだと自信を持っている。

■フェラーリ、新型マシンは“エクストリーム”に変化? 狙うはダウンフォース増量

「中団チームは、経済的には非常に困難だ。それは、彼らにとっての問題の一部だ」

 そうブラウンは語った。

「コストの上限が低くないということについて、いくつかのチームから不満の声が上がっていることは分かっている。だが私は、トップチームにとって管理しやすいレベルで、その額を設定する必要があったと思う」

「しかしそれでも、チーム内の構造変化などの点で、トップチームにとっては劇的な変化が必要とされるだろう」

「まさにそのプロセスが、中団グループとトップチームの間に、平等さをもたらすことになると思う。だから、中団グループのチームには明るい未来があると思う」

「新たな商業的な協定の条件は、はるかに公平になる。分配金は、チームの間で公平に分配されることになる」

「いくつかのチームは、分配金額が大幅に増えることになるはずだ。そして彼らの財政をより賢明なモノにするだろう」

 ブラウンはまた、ウイリアムズが復活することを望んでいる。

「心配している。ウイリアムズはここ数年、非常に厳しい年を過ごしている。そのまま続けていくことはできない。スポンサーは去り、ドライバーも離れてしまう……しかし、みんな彼らが立て直すことを願っている。ウイリアムズはF1にとって素晴らしい名前だし、素晴らしい歴史を持っているのだから」

「私たちは、彼らを失いたくはない。分配金がより公平になることは、彼らのことを少し手助けすることになるだろう。とはいえ、永遠にグリッドの後方で苦労することはできない。そうであったなら、長続きはしないだろう。だから今後数シーズンで、彼らがより良い仕事ができるよう、成功を祈っている」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します