サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”ボノ”欠場も乗り越え、メキシコ勝利のメルセデス「これが我々の層の厚さ」

ここから本文です

”ボノ”欠場も乗り越え、メキシコ勝利のメルセデス「これが我々の層の厚さ」

”ボノ”欠場も乗り越え、メキシコ勝利のメルセデス「これが我々の層の厚さ」

 メルセデスでルイス・ハミルトンのレースエンジニアを務めるピーター・ボニントンは、自身の治療のため、第18戦メキシコGPと今週末(11月3日決勝)のアメリカGPを欠場することになっている。

 ボニントンは、ハミルトンが2013年にメルセデスに加入して以来、彼のレースエンジニアを務めており、これまで4回のワールドチャンピオン獲得を手助けしてきた。

■まるで“磁石”のよう……ハミルトン、フェルスタッペンのアグレッシブな走りを揶揄

 しかしボニントンが欠席することになったため、いつもはパフォーマンスエンジニアを務めるマーカス・ダドリーが、代役としてレースエンジニアを務めた。また、いつものダドリーの役割は、ファクトリーでレースサポートチームを率いてきたドム・リーフシュタールが担った。

 メキシコGPは、ここ数年メルセデスが特に苦しんできたコースのひとつと言える。そんな状況にも関わらずチームは、1ストップながら早めにタイヤ交換を行う戦略を採用。ライバルよりも早くハミルトンをピットに呼び戻した。

 ハミルトンは結局、この時履いたハードタイヤで、いくつかのチームが予想していた2倍もの距離を走らねばならなかった。しかし、素晴らしいタイヤマネジメント術を披露し、ハミルトンがトップチェッカー。”苦手なコース”を克服することになった。

「準備の段階で、ボノ(ボニントンの愛称)が来ていないことを知った。それで、僕は驚いたんだ。この選手権の、この激しい戦いの中で、それは欠点になると思ったんだ」

 そうハミルトンは語った。

「しかし、僕とボノは協力しあった。そして、マーカスとドムがしたように、彼も(ファクトリーで)膨大な仕事をこなしたんだ」

「僕はこれまで、ドムとそれほど密に仕事をしたことがなかった。そしてマーカスは、重責を負うことになったんだ。このスポーツのワールドチャンピオンと仕事をするのは、簡単なことではない。それだけ要求も厳しくなるからね」

「マーカスは、僕担当のナンバー2として知っていた。彼はどのように働けばいいか、ある程度分かっていたんだ。基本的に彼は、のんびりした人物だけどね」

「そしてその上で、ボノとも無線で通信できるようになっていた。週末の間ずっと、彼とはメッセージを交換しあっていた。だから、彼のことをずっと誇りに思いたいと考えていた」

「彼はこの7年間、人生の大部分を僕に捧げてくれた。今日のパフォーマンスを本当に誇りに思うことができる。特にダメージを負ったクルマと、僕らが序盤に経験したことを考えればね」

 勝利後、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、今回のパフォーマンスはメルセデスというチームの”層の厚さ”を示していると語った。

 ダドリーの働きについて尋ねられたウルフ代表は、次のように語った。

「驚くべき仕事をした。簡単なことじゃない。そしてレース中にルイスを管理したんだ」

「今回のことは、我々に強さがあることを示している。チームの”深い強さ”をね。ボノがレースを欠場してバトンを渡すと、マーカスとドムは共に本当に良い仕事を成し遂げたんだ」

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します