サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 消える大排気量エンジン! 淘汰された理由と最後に乗っておくべき「抗えない魅力」とは

ここから本文です

 気筒数が多いほど燃費には不利

 大排気量エンジンは消えつつある。

ターボだらけの今となっては超激レア! 思いっきりNAエンジンを楽しめる輸入車3選

 電動化、ゼロエミッション化が世界中の自動車メーカーにおけるトレンドとなっている現在において、エンジンそのものがなくなる方向に向かっているのだから、いまさらエンジンを新開発するというインセンティブはない。搭載車種が限定される大排気量・マルチシリンダーエンジンともなれば尚更だ。

 たとえば、レクサスのフラッグシップセダンであるLSからV8エンジンは消え、いまや2つの3.5リッターV6エンジン(ハイブリッドとターボ)を用意するのみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン