サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM存続の危機……スーパーGTには”対岸の火事”? キャシディ「あまり直接的な影響はないはず」

ここから本文です

 2020年シーズンのスーパーGTは、ホンダ・トヨタ・日産の3メーカーが新型車両を導入する。このマシンは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)との共通技術規則”Class1”に準拠したものとなっている。

 昨年の11月には富士スピードウェイにDTMの車両が7台来日し、日独5メーカーが争う交流戦が実現。長きに渡り、技術規則の統一を進めてきた両シリーズにとって、集大成とも言えるイベントとなった。

■DTM、”存続の危機”に直面。グロック「生き残るチャンスは日に日に減っている」

 しかしながら、2020年シーズンの開幕を前に新型コロナウイルスが世界的に流行。その影響もあって、アウディが2020年限りでDTMから撤退すると発表した。

おすすめのニュース

サイトトップへ