サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ新型CT125への道 “ハンター”の系譜を辿る【’60年代を駆け抜けた5モデル】

ここから本文です

ホンダ新型CT125への道 “ハンター”の系譜を辿る【’60年代を駆け抜けた5モデル】

隠れたロングセラー60年選手

60年に迫る歴史を重ねてきたホンダCTシリーズ。歴代スーパーカブと共に歩みつつ、ハードな走りに応えるため独自の進化を遂げた、隠れロングセラー”ハンター”の系譜をひも解く。本稿では初代北米仕様CA100T(’61~)から日本専用の原付一種CT50(’68~)までを紹介する。

「CT125は確実に売れるでしょうね」識者が語るホンダCTの現在と未来

●まとめ:沼尾宏明 ●写真:真弓悟史、鶴身健 ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン

CA100T TRAIL50[海外 ’61~]ホンダ初のトレールバイク

1959年からアメリカで初代スーパーカブC100の輸入が始まった。間もなく、西部のディーラーをを中心にダート仕様への改造が流行。そこで’61年3月、アメリカホンダ自らが発売したモデルがCA100Tである(当初の呼称はC100T)。同社初のトレールバルバイクで、山道や泥地を走るためにフロントフェンダーやレッグシールドを撤去し、アンダーガードを追加。森林火災の防止用に側方排気マフラーを与えた。

―― 【HONDA CA100T TRAIL50】■全長1803 全幅559 全高940 軸距1181 最低地上高140(各mm) 車重55kg(乾)■空冷4スト単気筒OHV2バルブ49cc 5ps/9500rpm 0.34kg-m/8000rpm 燃料タンク容量3L ■タイヤF=2.25-17 R=2.25-17 ※写真、諸元は’61北米仕様

―― 登坂力を高めるため、巨大なスプロケットを採用。アリゲータータイプの新型マフラーも特徴だ。広告ではライバルより軽く、狩り場への移動に適したマシンとアピール。車体色は赤だ。

CA105T TRAIL55[海外 ’63~]シンボルのアップマフラーを投入

CA100Tは好評を博し、’62年にはC105系の54ccユニットを積むC105Tにモデルチェンジ。さらに翌年、CA105Tが生まれた。従来はダウンタイプだったマフラーをヒートガード付きの新開発アップマフラーに変更。さらに、特徴的な大小2枚のドリブンスプロケットを採用した。チェーンを外して掛け替えることで、普段使いと山道に対応した機構だ。

―― 【HONDA CA105T TRAIL55】■全長1725 全幅575 全高945 軸距– 最低地上高–(各mm) 車重73kg(乾)■空冷4スト単気筒OHV2バルブ54cc 5ps/9500rpm 0.38kg-m/8000rpm 燃料タンク容量3L ■タイヤF=2.25-17 R=2.50-17 ※写真、諸元は’63北米仕様

―― グッとCTらしいスタイルに。右写真は、アメリカの優良ディーラーに贈呈された非売品のメッキ仕様。ダウンマフラーのため、’62C105Tと思われる。

ハンターカブC105H[国内 ’62~]有名な愛称は日本が発祥

海外の人気にあやかり、国内でも’62年型としてハンターカブ55(C105H)が発売。初めて「ハンターカブ」と名乗ったのが本作で、以後シリーズの愛称として定着した。だが、正式に車名として採用したのは、この105Hと翌年のC100Hのみ。海外では全く通じない。

なお、実際に販売されたC105Hは右写真と異なり、ノーマルカブとほぼ同じスタイルだった模様だ。翌年、49ccのC100Hに変更するが、やはりSTD然とした仕様が不評。ほどなく海外のCA105Tと同様のスタイルで再登場したようだ。

―― C105H発売当時の広告では、まさにハンターが登場し、「走る+射つ」などのキャッチが。写真は大型スプロケとサイドキャリア、アリゲーターマフラーなどを備えるも、実車の仕様はほぼノーマルだったようだ。

CT200 TRAIL90[海外 ’64~]完成度を高めたファーストCT

ライバルに対抗すべく、’63年に登場したスーパーカブC200のパワフルなOHV87ccユニットを搭載。4段変速に自動遠心クラッチを追加し、CM90ベースのアンダーボーンフレームに搭載した。アップマフラーやWリヤスプロケを踏襲しながら、エンジンガードを兼ねたサブフレームをはじめ、アップフロントフェンダー、可倒式ステップなども新たに投入。トレールバイクとしての適性を一段と高めた。現代まで続く「CT」の名を初めて冠したモデルとなり、’66年まで販売。

―― 【HONDA CT200 TRAIL90】■全長1800 全幅650 全高980 軸距1186 最低地上高137(各mm) 車重81kg(乾)■空冷4スト単気筒OHV2バルブ86.7cc 6.5ps/8000rpm 0.65kg-m/6000rpm 燃料タンク容量6.4L ■タイヤF=2.50-17 R=2.75-17 ※写真、諸元は’64北米仕様

―― 【バーハンドルなどで一段と本格的に】ハンドルは鋼板プレス→パイプ製に。右足元に加え、左レバーでもブレーキが操作可能になった。ヘッドライトも大型化され、「CT」のスタイルが確立された。

―― 90ccの排気量に加え、ショート側のスプロケットはウイリーするほど低速が力強い。当時のカブと比べてもパワフルさは随一だ。

CT50[国内 ’68~]日本専用の原1ハンター

販売不振に終わったC100Hから久々に復活した国内仕様。スーパーカブC50がベースで、CTとして唯一のゼロハンとなる。’67CT90譲りの副変速機を国内バイクで初採用し、3速ロータリーの減速比をハイ&ローに切り替え可能。抜群の登坂力を示したが、時代が早すぎたせいか約1年で生産終了した。

―― ■全長1805 全幅720 全高965 軸距1190 最低地上高155(各mm) 車重71.5kg(乾)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ49cc 4.8ps/10000rpm 0.37kg-m/8200rpm 燃料タンク容量6L ■タイヤF=2.25-17 R=2.75-17 ※写真、諸元は’68年型

―― ’68年のカタログ。ごく一部の広告以外、ハンターカブの名は使われていない。副変速機は国内のみ「スーパートルク」と呼称。

―― 【超充実のオプションでゴルフから雪道まで対応】フロントのガンホルダーや、ゴルフバッグが積めるサイドキャリア、スノータイヤなど豊富なオプションを用意。様々な用途に使える万能性をアピールした。登坂力は減速比の切り替えで14→18度にアップ可能。

次稿では”ハンター”の系譜の後編として、CT90 TRAIL90(’66~)からクロスカブ(’13~)までを紹介する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します