サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1代表、コロナウイルスの状況を懸念しつつも中国GPの開催を願う

ここから本文です

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、コロナウイルスの脅威が現在も去っていないなか、チームも彼自身も今年4月開催の中国GPに向けたロジスティクスの準備を進めているという。

 新型ウイルスは今も中国本土で感染が拡大しており、多くの国々が中国への渡航制限を実施、3月21日に三亜で開催予定だったFIAフォーミュラE選手権ラウンドは延期となり、中国での国際的なスポーツイベントのいくつががキャンセルとなった。

【動画】メルセデスF1『W11』のカラーリング発表会。2019年バージョンからの変化もチェック

 F1は憂慮すべき事態に注意を払い、上海でのレースが延期された場合の緊急対応策を検討しているところだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ