サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 10万キロ超えの中古車に手を出すなら購入前に確認すべきポイント3つ

ここから本文です

 旧車ほどではないが、過去の整備状況に左右される!

 ここのところ人気が集まりつつある90年代のクルマたち。確かに旧車ほど扱いにくいわけでもなく、日常使いも可能な快適性を持ち合わせていながら、現代のクルマにはない味わいを持ち合わせているモデルもあり、人気が集まるのも頷けるところだ。

【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

 しかし、冷静に考えてみれば、90年代最終年の1999年ですら今から20年も前の話。よく言われる「年間1万キロ」の走行距離で考えれば優に20万キロとなってしまう計算なのだ。

 そのため、よほどの極上車でない限り10万キロオーバーというのは当たり前の年式となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ