サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【入っていれば安心……とは限らない!】クルマに詳しくなくても任意保険の「中身」の精査が必要なワケ

ここから本文です

【入っていれば安心……とは限らない!】クルマに詳しくなくても任意保険の「中身」の精査が必要なワケ

 自賠責保険では対人のみ保証される

 自動車が公道を走行する上で必ず加入することが義務付けられている、いわゆる“強制保険”とも呼ばれる自賠責保険に対し、ユーザーそれぞれが自分の意思で加入することができる、任意保険と呼ばれる各保険会社が運営する自動車保険というものが存在している。

【自動ブレーキの普及で事故は激減しているのになぜ?】2020年1月に自動車の任意保険が値上げするワケ

 自賠責保険も任意保険も交通事故の被害者救済を目的とした保険であることに違いはないが、自賠責保険が保証するのは対人(人間への被害)のみで、相手の車両や建物などの物的被害への保証はなく、その部分はすべて加害者の実費となる。

 また、対人の保証も最高で4000万円(要介護の重度後遺障害時)、死亡時では3000万円となっており、それを超える分に関しては自己負担となるのである。

 自動車事故が起きた場合はほとんどのケースで物的被害も発生するし、対人の保証も億単位の高額賠償になるケースも少なくないということで、自賠責保険でカバーできない部分を賄うために任意保険があるというわけだ。

 そんな任意保険、加入していれば安心度は桁違いに高くなるが、しっかり内容を精査しないと無駄な部分にお金を払っているということや、いざという時に保険金が支払われないケースというのもあることをご存じだろうか?

 任意保険の内容は細分化を極めている!

 たとえば、対人賠償責任保険を「無制限」で加入していたとしても、事故で同乗者がケガや死亡した場合はそちらから保険金が支払われることはない。事故車両に搭乗していた人に対する保険は“人身傷害補償保険/搭乗者傷害保険”というものが別途存在しており、そちらの保証額の範囲で支払われるのである。

 そのため、人を乗せる機会の多いユーザーは対人賠償だけでなく、人身傷害補償保険/搭乗者傷害保険の内容も精査する必要があるというわけだ。

 また任意保険には、保証される運転者の範囲が決められている場合がある。それが“本人限定”や“家族限定”というものだ。これは保証対象を限定することで保険料を抑えることができるという反面、当然ながら保証対象外の運転者が事故を起こしたときは一切補償されない。たとえば友人たちとドライブ旅行に出かけ、帰り道で運転を変わってもらうというようなケースはNGとなる。

 そのほか例を挙げるとキリがないが、車両保険についても単独事故や当て逃げは保証されないものや、車両保険を使うために免責額が発生するものなど、一口に任意保険といってもその内容は細分化を極めている。

 最近では保険料の安さで通販型の自動車保険が人気となっているが、細かい内容についての相談をしにくいというデメリットもある。もしあなたの任意保険が、ディーラーや代理店経由で加入しているものであったならば、担当者と改めて相談してみるものいいかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します