サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまや国内に敵なし セダン界の絶対王者 現行型クラウンが中古で狙い目に!

ここから本文です
 1955年に初代モデルが登場し、2020年に誕生65周年を迎え4月27日に2種類の特別仕様車を設定したトヨタ「クラウン」。日本の高級セダンの代名詞として君臨しているモデルだ。国産車において、セダン不振と言われているなかでも、安定したセールスを記録するロングセラーモデルとなっている。

 15代目となる現行型クラウンは2018年6月に登場。先代まではロイヤルサルーン、アスリート、マジェスタと3シリーズを設定していたが、現行型ではクラウン1モデルに集約されている。今回は、登場して間もなく2年目を迎える国産セダンの雄、現行型クラウンの中古車事情を紹介しよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ