サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サンパウロではメルセデスの直線速度に苦しめられたレッドブル、カタールでは逆に低速コーナーが敗因に?

ここから本文です
 先日行なわれたF1カタールGPでは、メルセデスのルイス・ハミルトンが圧倒的な速さを見せ2連勝。今季2レースを残して、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとのポイント差を8に縮めた。

 フェルスタッペンは予選でのダブルイエローフラッグ無視により5グリッド降格ペナルティを受けたため、損失を最大限に抑える、いわゆる“ダメージリミテーション”の週末となった。7番グリッドからスタートした決勝レースでは序盤に2番手まで挽回し、そのまま2位でフィニッシュしてファステストラップのボーナスポイントも手にしたフェルスタッペンだったが、ハミルトンに追い付くほどの速さを見せることはできなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ