サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:サテライトチーム、ペトロナス・ヤマハSRTが2020年の体制発表。YZR-M1はファクトリースペック

ここから本文です

MotoGP:サテライトチーム、ペトロナス・ヤマハSRTが2020年の体制発表。YZR-M1はファクトリースペック

MotoGP:サテライトチーム、ペトロナス・ヤマハSRTが2020年の体制発表。YZR-M1はファクトリースペック

 ロードレース世界選手権MotoGPに参戦するペトロナス・ヤマハSRTは2月6日、マレーシア・セパン・インターナショナル・サーキットで2020年の参戦体制発表を行った。発表会ではチームに所属するファビオ・クアルタラロとフランコ・モルビデリが登場し、ペトロナスカラーのヤマハYZR-M1がお披露目された。

 ペトロナス・ヤマハSRTは2019年シーズンに、新たにMotoGPクラスに参戦を開始したヤマハのサテライトチームだ。タイトルスポンサーはマレーシアの国営石油会社、ペトロナスが務める。

MotoGP:モンスターエナジー・ヤマハが20年型YZR-M1をお披露目。ロッシ、ビニャーレスの布陣はラストイヤー

 2018年までにMoto2クラス、Moto3クラスへ参戦してきた同チームだが、この下位2クラスに加え、2019年からはペトロナス・ヤマハSRTとして最高峰クラスにも参戦。参戦初戦度は、インディペンデント部門のチームタイトルを獲得している。

 チーム発足2年目のライダーも、クラルタラロとモルビデリが2020年も継続して務める。2020年シーズンはヤマハのフルサポートを受け、ファクトリースペックのヤマハYZR-M1がふたりに供給されることになっている。

 2019年にルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したクアルタラロ。最高峰クラスのルーキーイヤーにも関わらず、6度のポールポジションと7度の表彰台を獲得した。

 また、2021年からヤマハと2年間契約を締結し『ヤマハ・ファクトリー・レーシング・MotoGPチーム』のライダーとしてマーベリック・ビニャーレスのチームメイトを務めることが決まっている。

 チームメイトのモルビデリは、2018年にMotoGPクラスに昇格し、昨年からペトロナス・ヤマハSRTに移籍した。最高峰クラス初年度にルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得している彼は、2019年は4度フロントロウを獲得し11度トップ10フィニッシュを果たすと、ランキング10位に食い込んだ。

 今回行われた発表会には、セパン・インターナショナル・サーキットCEO兼チーム代表のラズラン・ラザリ氏が登壇。その後、クアルタラロとモルビデリが登場し、ペトロナスカラーをまとったヤマハYZR-M1がアンベイルされた。

 若いMotoGPライダーふたりにより2020年もMotoGPを戦うペトロナス・ヤマハSRT。2020年もポールポジションや表彰台争いから目が離せない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します