サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ロータス・エリーゼの生みの親 ジュリアン・トムソンxリチャード・ラックハム 前編

ここから本文です

25年の歴史に幕を閉じるエリーゼ

1995年のドイツ・フランクフルト。ロータス・カーズは財政難に苦しむなかで、親会社のブガッティを率いるロマーノ・アルティオーリ氏のアイデアを元に、新しいスポーツカーを創造した。そのクルマには、孫娘のエリーサにちなんだ名前が与えられた。

<span>【画像】傑作スポーツ ロータス・エリーゼ シリーズ1とシリーズ3を比較 全73枚</span>

自動車ファンの欲求を満たすモデルとして、当初は限定的な生産台数が想定されていた。しかしエリーゼは、ロータス・カーズ史上最も多売のモデルへと、またたく間に成長した。多様なモデルバリエーションを生み出しながら。

寂しいかな、何事にも終わりは来る。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ