サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「Vストローム250」が大人気なワケとは? ベストセラー250ccアドベンチャーバイクの魅力を解説

ここから本文です

スズキ「Vストローム250」が大人気なワケとは? ベストセラー250ccアドベンチャーバイクの魅力を解説

ロングランでの快適性や使い勝手といった、ツアラーとしての魅力を磨いた250アドベンチャーがスズキのVストローム。スムーズさに定評のあるツインエンジンやアップライトで快適なポジション、リーズナブルな価格設定など、魅力満載のベストセラーモデルだ。

スズキ「Vストローム250」人気の理由を考察
優れたツアラー適性と個性的なスタイルが魅力

「ファミリーバイク特約」と「バイク保険」どっちがお得? 賢い使い分け方を解説!

いまやアドベンチャーとしてだけでなく、250ccクラス全体でも1、2を争う人気モデルとなったVストローム250。大ヒットにつながった理由はたくさんあるが、まず挙げられるのはそのスタイリングだろう。

フロントに大きな「クチバシ」を備え、スクリーンやナックルカバー、キャリア、センタースタンドまで標準装備。そのままロングツーリングに出かけたくなるような、夢のあるパッケージングは大きな魅力だ。

しかも、丸目1眼のヘッドライトを採用し、唯一無二の個性も備えている。このモデルでないと買えないカタチ、というのは最大の魅力。他にはない個性とアドベンチャーらしさが、多くのライダーを惹きつけている。

アドベンチャースタイルではあるが、ハンドル幅もシート高もネイキッドタイプのロードスポーツと変わらず、街乗りが楽なのもポイント。GSR250ベースの2気筒エンジンはスムーズさと低中回転域トルクの太さで定評があり、発進加速の力強さはピカイチ。ツーリング適性も非常に高いし、タンデムでもクラッチ操作やエンジン回転に気を使うことはない。

サスペンション設定は前後とも張りのあるセッティングで、街乗りの速度域では若干硬さを感じるものの、加減速による車体姿勢の変化が少ないのでビギナーでも扱いやすいし、キビキビ走らせることもできる。荒れた路面を飛ばすとキックバックは大きめに出るが、2人乗りだと格段に落ち着きが増す。これはタンデムや長距離ツーリングで荷物を満載した際のバランスを考慮した結果だろう。

アドベンチャールックでも、中身はツーリング適性を高めたロードスポーツ。Vストローム250はエントリーユーザーからベテランまで満足させる一台。人気になるのもごく当然のことなのだ。

スズキ「Vストローム250」主なスペックと価格
※《 》内はABS仕様車

[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

スズキ「Vストローム250」カラーバリエーション
「Vストローム250」のカラーバリエーションは2020年7月現在3色。ABS仕様車の「Vストローム250 ABS」はこの3色に加え、ブラック/シルバーの「パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック(BY6)」を設定し、計4色での展開となっている。
※写真はVストローム250ABS

パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック(BY6)
このカラーがABS仕様車のみの設定となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します