サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】アレックス・リンス、“ながらスマホ”原因で転倒骨折と告白。ドイツGPで早くも復帰へ

ここから本文です

 スズキのアレックス・リンスは、MotoGP第7戦カタルニアGPの走行前日に、自転車乗車中に転倒した結果、右腕の橈骨を骨折。これによってカタルニアGPを欠場しなければならなかった。

 それから2週間が経ち、MotoGPはザクセンリンク・サーキットでの第8戦ドイツGPを迎えた。リンスはドイツGP出走に向けて現地入りすると、無事メディカルチェックを通過。そして彼はカタルニアGPで起きた転倒の真相を明らかにした。

■「バイクは2020年から改善されていない」王者ジョアン・ミル、苦しい状況に不満

 リンスの明かしたところによると、彼は自転車に乗っている時に“重要なメッセージ”を携帯電話で送信していたため、前方不注意でバンにぶつかってしまったのだという。

おすすめのニュース

サイトトップへ