サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファロメオF1のクビサ、シュタイアーマルクGPのフリー走行に出走

ここから本文です

 アルファロメオのリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、今週末のF1第2戦シュタイアーマルクGP金曜フリー走行1回目において、アントニオ・ジョビナッツィに代わってチームのC39を駆るチャンスを与えられる。

 開幕戦でアルファロメオの2020年型マシンは、チームが満足できるようなパフォーマンスを示すことができなかった。クビサの技術的フィードバックは高く評価されており、それがパフォーマンスを改善するうえで役に立つものと期待されている。クビサはバルセロナで行われたプレシーズンテストでも、C39を走行させている。

DTM:ロバート・クビサが操るBMW M4 DTMの2020年カラー公開。お披露目には国務大臣も姿見せる

「活動を再開できることを楽しみにしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ