サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【日産 ルークス 新型】開発責任者「ミニバンの使い勝手と軽の運転のしやすさを両立」…月間9000台を計画

ここから本文です
日産自動車は2月25日、スーパーハイトの軽自動車『ルークス』を3月19日に発売すると発表した。6年1か月ぶりの全面改良で、これを機に激戦市場での知名度向上を狙い、名称は従来の『デイズルークス』から改めた。

消費税込み価格は141万円台から206万円台で、月間9000台の販売を計画している。安全運転支援システムの「プロパイロット」を1年前に発売した『デイズ』に続いて搭載した。センサーには新たにミリ波レーダーも追加、2台前の走行車両も検知し、このクルマが急減速した時はドライバーに音声や表示で知らせる「FCW(前方衝突予測警報)」を搭載した。軽自動車初の技術となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ