現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 部分強化でハンドリング向上! 車の挙動を変えるマウントチューニングの新戦略~カスタムHOW TO~

ここから本文です

部分強化でハンドリング向上! 車の挙動を変えるマウントチューニングの新戦略~カスタムHOW TO~

掲載 8
部分強化でハンドリング向上! 車の挙動を変えるマウントチューニングの新戦略~カスタムHOW TO~

エンジンマウントやミッションマウントを固くするチューニング。実はハンドリングのアップに効果的。振動やノイズも増えるがメリットの大きなマウントチューンとは!?

◆マウントを強化するのは表裏一体の効果
自分が求める部分のみを強化して“いいとこ取り”を目指す
市販車のエンジンやミッションはゴム製のマウントを通して積まれている。ボディの上にゴムを塊を置いて、その上にエンジンを載せているようなイメージだ。ゴムが振動を吸収してくれるので、快適性を保つには欠かせない。

燃費アップの新常識! 軽量パーツとエンジン最適化でクルマをチューニング~カスタムHOW TO~

しかし、クルマの中で最大の重量物がゴムの上に載っているとなると、ギャップではエンジンも縦にバウンドする。コーナリング時はワンテンポ遅れてエンジンが揺れて、それによって挙動変化が起きたりハンドリングに影響が出たりする。

ならばとレーシングカーやタイムアタッカーのマシンではリジットマウント化される。直接エンジンとボディを結合させてしまうのだ。そうなるとワンテンポ遅れた無駄な動きはなくなりハンドリングが良くなる。しかし、エンジンやミッションからの振動がダイレクトに伝わるのでとんでもないノイズに悩まされることになる。

◆リジットマウントとゴムマウントで特性が大きく変わる
他にも強化する方法があるとすれば…
レースの車載映像でエンジンやミッションがヒューンヒューンとなって、ギアを変えるたびにガチャンガチャンと大きな音がしているのは、エンジンやミッションがリジットマウントだから。レースでは騒音は関係ないので少しでもハンドリングを良くしようと直接マウントすることが多いのだ。

たしかにゴムマウントによるエンジン搭載は、人間でいうと水の入った水槽を持って走っているような感じになる。動きからワンテンポ遅れて水が左右に動くのと同じように、エンジンやミッションが遅れて動くので知らず知らずのうちに運転しにくくなっている。その遅れた動きがあとから押し寄せてきて、タイヤを滑らせたり修正舵を必要としていたりする。シャープでシンプルな挙動にはマウント系の強化が欠かせないのだ。しかし、リジッドマウントは街乗りはまずできないほどの振動と異音で不快感はMAX。信じられないほどにうるさくなってしまう。

そこでリジットマウントとはいかないので強化エンジンマウントが発売されている。強化ゴム製やウレタンなどのまったく異なる素材から作られたものもある。いずれもリジットマウントほどノイズが酷くはないが、それなりに不快感は高まる。だが、相応のメリットがあるのも事実なのだ。

そこですべてのマウントを交換せずに一部だけ強化する手もある。たとえば3箇所あるマウントのうち1つだけを強化するとか、2つを強化するという手もあるのだ。そのあたりはその車種に強いプロショップに相談してみるのが得策である。

さらにサブフレームのマウントを強化するのも有効な方法。サブフレームも振動や異音を吸収するためにゴム製などのブッシュを介して取り付けられていることがほとんど。そこでそのブッシュ自体を打ち替えるか、ボディとサブフレームの間に金属製カラーを入れてリジット化してしまうチューンも定番。

リア駆動車ではリアのサブフレームをリジットマウント化すると、アクセルオンに対するリアの動きがシンプルになり、スライドコントロールも容易になるなどメリットが大きい。それでいてエンジンマウントなどに比べて不快感は高まりにくい。若干異音が増えるが耐えきれないような振動が常に室内に伝わるようなことはなく、気軽に取り付けられるパーツのひとつなのだ。

強化せずとも距離を走ったクルマや中古車なら、純正新品ブッシュにするだけでも効果は大きい。だが、車種によってはブッシュの単品販売がない場合もあり、強化ブッシュにすることもある。

ちなみに86/BRZのリアのサブフレームブッシュの場合は単品販売がない。また、サブフレームを降ろしてからブッシュを打ち替えるのもなかなか面倒。だが、リアのサブフレームが純正新品での販売があり、4万円台でブッシュも圧入済みの新品のサブフレームを手に入れることができる。そのため最近ではリフレッシュ時にリアのサブフレームごと新品にしてしまうこともあるのだ。

マウントやブッシュは見た目も変わらない地味なパーツだが、大きく重いものが動きやすいことはハンドリングを難しくさせている。強化することは快適性との引き換えにもなるが、それ以上にハンドリング向上のメリットも大きい。スポーツ走行を重視するのであれば、検討したいチューニングなのだ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

初開催イモラが“トラフィックパラダイス”になる可能性。新縁石がハイパーカーとLMGT3の差を縮める?
初開催イモラが“トラフィックパラダイス”になる可能性。新縁石がハイパーカーとLMGT3の差を縮める?
AUTOSPORT web
【MotoGP】マルケス、大得意のアメリカズGPでの期待に控えめ対応「今、表彰台を獲得できると言われたらサインするよ」
【MotoGP】マルケス、大得意のアメリカズGPでの期待に控えめ対応「今、表彰台を獲得できると言われたらサインするよ」
motorsport.com 日本版
日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
日産「和製スーパーカー」実車公開! まさかの「スカイラインなR34仕様」も用意の2024モデル! もうすぐファイナルな「GT-R」NYに登場
くるまのニュース
GT500のシビック・タイプRだけじゃない! 今季気になるGT300マシン2台の驚愕ポイント
GT500のシビック・タイプRだけじゃない! 今季気になるGT300マシン2台の驚愕ポイント
AUTOSPORT web
鈴鹿サーキットに「Honda RACING Gallery」がオープン! ホンダがF1初出走してから60年の歴史を常設展示で体感しよう
鈴鹿サーキットに「Honda RACING Gallery」がオープン! ホンダがF1初出走してから60年の歴史を常設展示で体感しよう
Auto Messe Web
愛車の履歴書──Vol34. 吉田栄作さん(前編)
愛車の履歴書──Vol34. 吉田栄作さん(前編)
GQ JAPAN
「ラリーとドリフトのドライビングはすべてが違うが経験は役に立つ」 FDJ開幕戦でWRC王者ロバンペラに直撃インタビュー!!
「ラリーとドリフトのドライビングはすべてが違うが経験は役に立つ」 FDJ開幕戦でWRC王者ロバンペラに直撃インタビュー!!
WEB CARTOP
2025年のF1開催カレンダーが早くも発表! 鈴鹿サーキットでの日本GPは第3戦、4月6日決勝と決定
2025年のF1開催カレンダーが早くも発表! 鈴鹿サーキットでの日本GPは第3戦、4月6日決勝と決定
motorsport.com 日本版
ブリッツの「アイドリング・ストップ・ジャンパー」に『スペーシアカスタム』と『スイフト』の適合が追加
ブリッツの「アイドリング・ストップ・ジャンパー」に『スペーシアカスタム』と『スイフト』の適合が追加
レスポンス
岡山にやってきたGAINER Z、スーパーGT開幕戦出走は断念。第2戦富士までにシェイクダウン目指す
岡山にやってきたGAINER Z、スーパーGT開幕戦出走は断念。第2戦富士までにシェイクダウン目指す
motorsport.com 日本版
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
レスポンス
スバルが新「本格SUV」発表! タフブルー×黒顔の「X/XT-EDITION」がカッコいい! 特別な「フォレスター」337万円から
スバルが新「本格SUV」発表! タフブルー×黒顔の「X/XT-EDITION」がカッコいい! 特別な「フォレスター」337万円から
くるまのニュース
【2024年版】ダイハツ ロッキー VS スズキ クロスビーを徹底比較
【2024年版】ダイハツ ロッキー VS スズキ クロスビーを徹底比較
グーネット
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
日刊自動車新聞
GB350とは全てが違う! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350とは全てが違う! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン
ボンネットの“ベンツマーク”が帰ってきた!メルセデスベンツ『E300 エクスクルーシブ』登場[詳細画像]
ボンネットの“ベンツマーク”が帰ってきた!メルセデスベンツ『E300 エクスクルーシブ』登場[詳細画像]
レスポンス
金色のGRカローラがハッピーセットに登場! パトカーや消防車など2024年版のトミカを一挙紹介。
金色のGRカローラがハッピーセットに登場! パトカーや消防車など2024年版のトミカを一挙紹介。
くるくら

みんなのコメント

8件
  • ネイトン
    新車から5年以上経った古い車なら新品のマウントに交換するだけでも良いかもしれない。
  • santaku
    ネット民は自分の事は棚に上げて他人のマウントを取るのは得意だからねw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.848.8万円

中古車を検索
MAXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.848.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村