サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポディウム未経験者はあと何人? 現役ドライバーのF1初表彰台レースを振り返る

ここから本文です

ポディウム未経験者はあと何人? 現役ドライバーのF1初表彰台レースを振り返る

ポディウム未経験者はあと何人? 現役ドライバーのF1初表彰台レースを振り返る

 F1第20戦ブラジルGPは、フェラーリの同士討ち、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル)の接触など、レース終盤に数多くの波乱が起こった。その結果、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位、マクラーレンのカルロス・サインツJr.が3位に入り、共にキャリア初表彰台を獲得した。

 これにより、現役F1ドライバー20人中、表彰台を1度も経験していないドライバーは5人となった。その内4人はアルボン、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、そしてアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)のフル参戦1年目勢、残るひとりはニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) だ。ヒュルケンベルグはこれまで178レースに出走しているが(2019年ブラジルGP終了時点)、これはF1における表彰台未経験者の最多出走記録である。

■歓喜のF1初表彰台。ガスリー「僕の人生で最高の日だ!」

 ここで、2019年のF1に出走しているドライバーの初表彰台レースを振り返ってみよう。

【メルセデス】
・ルイス・ハミルトン……2007年オーストラリアGP(3位/1戦目/マクラーレン)
・バルテリ・ボッタス……2014年オーストリアGP(3位/28戦目/ウイリアムズ)

【フェラーリ】
・セバスチャン・ベッテル……2008年イタリアGP(優勝/22戦目/トロロッソ)
・シャルル・ルクレール……2019年バーレーンGP(3位/23戦目/フェラーリ)

【レッドブル】
・マックス・フェルスタッペン……2016年スペインGP(優勝/24戦目/レッドブル)
・アレクサンダー・アルボン……表彰台未経験

【ルノー】
ダニエル・リカルド……2014年スペインGP(3位/55戦目/レッドブル)
ニコ・ヒュルケンベルグ……表彰台未経験

【ハース】
ロマン・グロージャン……2012年バーレーンGP(3位/11戦目/ロータス)
ケビン・マグヌッセン……2014年オーストラリアGP(2位/1戦目/マクラーレン)

【マクラーレン】
カルロス・サインツJr.……2019年ブラジルGP(3位/101戦目/マクラーレン)
ランド・ノリス……表彰台未経験

【レーシングポイント】
セルジオ・ペレス……2012年マレーシアGP(2位/20戦目/ザウバー)
ランス・ストロール……2017年アゼルバイジャンGP(3位/8戦目/ウイリアムズ)

【アルファロメオ】
キミ・ライコネン……2002年オーストラリアGP(3位/18戦目/マクラーレン)
アントニオ・ジョビナッツィ……表彰台未経験

【トロロッソ】
ダニール・クビアト……2015年ハンガリーGP(2位/29戦目/レッドブル)
ピエール・ガスリー……2019年ブラジルGP(2位/46戦目/トロロッソ)

【ウイリアムズ】
ジョージ・ラッセル……表彰台未経験
ロバート・クビサ……2006年イタリアGP(3位/3戦目/BMWザウバー)

 集計の結果、表彰台に立ったことのある15名の内、12名がデビューから30レース以内に初ポディウムを経験していることが分かった。また、その内8人が参戦2年目での達成となっている。1年目は下位チームからの参戦であっても、その才能の片鱗を見せつけた結果、2年目には実力のあるチームに移籍している……というケースが多いからだろうか。

 なお、ハミルトンと同じくデビュー戦で表彰台を獲得したマグヌッセンだが、彼はそれから現在に至るまで一度も表彰台に上がっていない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します