サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレス、レッドブルF1へのさらなる適応を目指す。前戦は予選Q2敗退も「リスクを覚悟した戦略は続ける」

ここから本文です

 レッドブルのセルジオ・ペレスは、今季のF1開幕戦バーレーンGPの予選でQ2敗退を喫したにも関わらず、チームとしてはこれからもリスクを冒した戦略で攻めていかなければならないと考えている。

 近年レッドブルはメルセデスに対してレース戦略で優位に立とうと、決勝レースのスタートタイヤが決まる予選Q2でタイヤ選択を工夫することが多かった。

■レッドブルF1のフェルスタッペン、イモラへ向け”慎重な”意気込み「次もうまく行くという保証はない」

 昨年シルバーストン・サーキットで開催されたF1 70周年記念GPでは、マックス・フェルスタッペンがメルセデス勢に比べて1段階硬いタイヤを使用。序盤から優位に立ち、シーズン初優勝を果たした。

おすすめのニュース

サイトトップへ