サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もはや絶滅が危惧される車!? 最新1.6リッタースポーツモデル3選

ここから本文です

もはや絶滅が危惧される車!? 最新1.6リッタースポーツモデル3選

■激減してしまったスポーティな1.6リッター車

 1990年代頃まで、ホンダ「シビックSi」やトヨタ「カローラレビン」など、スポーティなコンパクトカーといえば1.6リッターエンジンを搭載しているのが一般的でした。

【画像】オーラが違う! 超カッコイイ「GRヤリス」をチェック(49枚)

 これはモータースポーツのレギュレーションによるもので、1.6リッターがクラス分けの区切りとなっており、当時は多くの自動車メーカーがレースに積極的に参戦していたからです。

 しかし、近年は各メーカーともレースへの参戦は縮小傾向にあり、1.6リッターエンジンを搭載したモデルが激減してしまいました。

 そこで、いまでは数少ないハイパワーな1.6リッター車を3車種ピックアップして紹介します。

●日産「ノートニスモS」

 2005年に発売された日産初代「ノート」は、1.5リッター直列4気筒エンジンが搭載され、2012年発売の2代目では、1.2リッター直列3気筒エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせた「ダウンサイジングエンジン」を採用。

 さらにノートといえばエンジンで発電してモーターで走行する「e-POWER」が加わったことで、一躍コンパクトカークラスの販売台数1位(2018年)を獲得するなど、大いに話題となりました。

 このe-POWERばかりが注目されていますが、現行モデルのノートにはスポーティグレードとして「ノートニスモS」がラインナップされています。

 ノートニスモSに搭載されるエンジンは、専用の1.6リッター直列4気筒自然吸気で、高圧縮比化してハイリフトカムシャフトが組み込まれるなど、いわゆるメカチューンが施され、最高出力140馬力を発揮。

 組み合わされるトランスミッションは5速MTのみと、硬派な仕様です。

 ほかにも、専用エキゾーストシステムや強化サスペンション、専用ブレーキシステム、ボディ補強、ハイグリップなブリヂストン「POTENZA S007」タイヤなどが採用されています。

 ノートニスモSは日常的な使い勝手もよく、通勤や買い物に活躍しながら、週末にはワインディングロードを楽しむといった使い方ができる、オールマイティなスポーツコンパクトです。

 価格(消費税込、以下同様)は237万1600円、特別仕様車の「ノートニスモS ブラックリミテッド」は268万2900円となっています。

●プジョー「308 GTi byプジョースポール」

 2007年にプジョー「307」の後継車として登場した「308」は、3ドアハッチバック、4ドアセダン、ステーションワゴン、カブリオレと、多彩なボディバリエーションを持つクルマでした。

 現行モデルは2013年に発売された2代目で、5ドアハッチバックとステーションワゴンの構成となっています。

 この308には、同社のモータースポーツ活動を担当する「プジョースポール」のノウハウを注ぎ込んで、チューニングされたハイパフォーマンスな「308 GTi byプジョースポール」が設定されています。

 エンジンは最高出力262馬力を誇る1.6リッター直列4気筒ターボで、ローギアード化された6速MTが組み合わされ、FFながら0-100km/h加速は6秒という俊足ぶりです。

 内装ではヘッドアップインストルメントパネルやデジタルタッチスクリーン、スポーティな小径ハンドルなどで構成される「i-Cockpit」を採用。

 308 GTi byプジョースポールは、いまでは数少ない生粋のフレンチホットハッチです。価格は451万2000円からで、左ハンドルのみとなっています。

■もうすぐ登場! 日本が誇る「テンロク」スポーツコンパクト

●トヨタ「GRヤリス」

 トヨタを代表するコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジし、名前をグローバルで統一する「ヤリス」に変えて、2020年2月に発売されました。

 そして、高性能モデルの「GRヤリス」が2020年夏に発売予定となっています。

 GRヤリスはトヨタが世界ラリー選手権(WRC)に参戦して、培われたノウハウを最大限につぎ込んだスポーツカーとして開発されました。

 トップグレードの「RZ」に搭載されるエンジンは、大型の空冷インタークーラーを装備した1.6リッター直列3気筒ターボで、最高出力272馬力、最大トルクは370Nmを発揮。3リッター自然吸気エンジン並のパワーを誇り、トランスミッションは6速MTのみとなっています。

 ボディは通常モデルのヤリスにはラインナップされていない3ドアハッチバックで、新開発の「フォージドカーボン」をルーフ部分に採用し、ボンネットとドアパネルにはアルミ素材を用いるなど軽量化を図っています。

 また、高剛性の専用スポーツ4WDプラットフォームを採用し、高い走行性能と安定した走りを両立。

 現在、2020年6月30日まで「ファーストエディション」の先行予約をおこなっており、価格は、396万円からとなっています。

※ ※ ※

 現在、日本で1.6リッターエンジン車をラインナップしているのは、日産、トヨタ、プジョー以外にスズキ、スバル、シトロエンです。

 意外と多いように思えますが車種は少なく、たとえばスバルでは、2020年発売予定の新型「レヴォーグ」が、1.6リッターエンジンから1.8リッターエンジンに変更される予定なので、現状では「XV」のみとなってしまいます。

 日本の税制上1.6リッターエンジンはメリットが見いだせないため、今後はさらに少なくなってしまうでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します