サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【三菱 eKクロスEV】「ターゲットは地方のセカンドカー市場」なぜベース車が『eKクロス』だったのか

ここから本文です
三菱自動車は軽自動車のBEV(軽EV)、『eKクロスEV』を発表した。同時に発表された日産『サクラ』とは違い、既存車種をEV化するという手法を取った三菱。そのねらいとは。車種選定や販売関連に関して、開発責任者とマーケティング担当者に話を聞いた。

『i-MiEV』でも提案した選択肢
『eKクロス』をベースにしているとはいえ、軽乗用のフルEVは『i-MiEV(アイミーブ)』以来だ。そこで開発にあたってはアイミーブの経験などが活かされたという。

おすすめのニュース

サイトトップへ