サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニはなぜ販売好調?「ウルス」と「ウラカンEVOスパイダー」に乗って考えた

ここから本文です

■スーパーSUV「ウルス」を一般道で試乗する

 ランボルギーニが好調だ。

【画像】ランボルギーニ「ウルス」と「ウラカンEVOスパイダー」をチェック(15枚)

 新型コロナウイルス感染拡大による景気後退のなか、2020年の輸入車ブランドは軒並み販売実績を落としている。日本自動車輸入組合(JAIA)の統計によると、2020年1月から7月までの外国メーカーの新規登録台数は、前年同期比で77.5%となっている。

 そんななか、ランボルギーニは前年同期比96.9%の431台と、緊急事態宣言による外出自粛の影響をほとんど感じさせない数字を叩き出している。

おすすめのニュース

サイトトップへ