サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 平木兄弟が立ち上げたHELM MOTORSPORTSがS耐/F4の参戦体制を発表。“勝色”で王座目指す

ここから本文です

平木兄弟が立ち上げたHELM MOTORSPORTSがS耐/F4の参戦体制を発表。“勝色”で王座目指す

平木兄弟が立ち上げたHELM MOTORSPORTSがS耐/F4の参戦体制を発表。“勝色”で王座目指す

 2020年に向け平木湧也と平木玲次の兄弟が立ち上げたレーシングチーム、HELM MOTORSPORTSがピレリスーパー耐久シリーズST-3とFIA-F4の参戦体制を発表した。また同時に、日本古来の伝統の“勝色”と情熱を示すオレンジに彩られたマシンカラーリングもお披露目された。

 茨城県出身の平木湧也と玲次の兄弟は、レーシングカートを経て、ジュニアフォーミュラではル・ボーセモータースポーツで育ってきたレーシングドライバー。湧也は2018年からスーパーGTにTEAM MACHから参戦する一方、玲次はFIA-F4で戦い、2018年はINGING、2019年はMedia Do Kageyama Racingに所属してきた。

平木湧也&平木玲次兄弟が地域密着型チーム『HELM MOTORSPORTS』設立。S耐&F4に挑戦

 そんなふたりが立ち上げたHELM MOTORSPORTSは、まず2020年はピレリスーパー耐久シリーズのST-3クラスに参戦するほか、FIA-F4への参戦が決まっていたが、その体制が明かされた。まずスーパー耐久ST-3では、平木湧也と平木玲次のふたりが兄弟タッグを結成。さらに今後、C/Dドライバーを加え、激戦区のST-3でチーム一丸となり、デビューイヤーでの優勝を目指す。

 一方、FIA-F4では2019年ランキング4位の平木玲次がドライバーに決定。こちらもチームとしては初年度ながら、チャンピオンを目指していく。同じ週末、湧也はマッハ車検 GTNET MC86 マッハ号を駆りGT300クラスに参戦する。

 そしてHELM MOTORSPORTSのマシンのカラーリングもお披露目された。レクサスRC350、F4の童夢F110は、日本古来から伝わる縁起のいい“勝色”をイメージした藍色をベースに、チームメンバーの情熱や積極性をイメージした橙色が組み合わされた鮮やかなものとなった。

 HELM MOTORSPORTSの2シリーズの参戦体制は下記のとおりだ。

HELM MOTORSPORTS
ピレリスーパー耐久シリーズ参戦体制
エントラント:HELM MOTORSPORTS
参戦クラス:ST-3
参戦車両:レクサスRC350
カーナンバー:62
車両名:HELM MOTORSPORTS LEXUS RC350
Aドライバー:平木玲次
Bドライバー:平木湧也
Cドライバー:TBN
Dドライバー:TBN

HELM MOTORSPORTS
FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP参戦体制
エントラント:HELM MOTORSPORTS
参戦車両:童夢F110
カーナンバー:62
車両名:HELM MOTORSPORTS F110
ドライバー:平木玲次

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します