サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファタウリ・ホンダ、テスト2日目も順調にプログラムを消化。「良い方向性見つけた」とガスリー

ここから本文です

 2月19日に開幕したF1プレシーズンテスト。その2日目、アルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーが走行を担当し、1分18秒121というベストタイムは総合5番手だった。

 ガスリーはこの日147周を走行。ハースのロマン・グロージャン(158周)に次いで全体2番手となる周回数を記録した。コースイン直後はターン9でスピンを喫するなどヒヤリとする場面もあったが、幸いダメージはなく、順調に周回を重ねていった。

■レッドブル・ホンダRB16初走行のアルボン、「マシンの力強さ感じた」と手応え

 ガスリーはホンダのプレスリリースの中で、マシンへの習熟を深め、今後に向けて“良い方向性”を見つけられたと語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ