サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1第4戦無線レビュー(1)】3輪で走り続けたハミルトン、最終コーナー直前で「これがファイナルラップだよね」

ここから本文です
 今年のF1第4戦イギリスGPは、レース終盤に起きたタイヤトラブルによって、劇的な幕切れとなった。そのなかでも、手に汗握るファイナルラップとなったのが、トップを走行していたルイス・ハミルトン(メルセデス)のパンクだった。

 ポールポジションからスタートしたハミルトンは一度もトップを譲ることなく、終始レースをコントロールし、終盤に突入した。今回はハミルトンとレースエンジニアのピーター・ボニントン(ボノ)との会話で、イギリスGPのラスト9周を振り返りたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ