サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三井住友海上火災保険、「交通事故マップ」を公開…警察庁の事故統計データを活用

ここから本文です

三井住友海上火災保険は6月7日、警察庁が公表する「交通事故統計情報のオープンデータ」を活用して「交通事故マップ」を作成、ホームページ上に公開したと発表した。

交通事故統計情報のオープンデータは約40万行というビッグデータで、そのままでは取扱いが難しいため、複雑で大量のデータを可視化できるツール「Tableau」よって見える化し、簡便に利用できるようにした。指定した地域でどのような交通事故が発生しているか、視覚的に把握できるようにした。

対象地域・範囲の交通事故件数や死者数、負傷者数の累計を表示するほか、事故発生場所を地図に表示する。

おすすめのニュース

サイトトップへ