サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ロレンソ、4年ぶりヤマハで“去年の”自分に迫るタイム。MotoGPシェイクダウン3日目終わる

ここから本文です

【MotoGP】ロレンソ、4年ぶりヤマハで“去年の”自分に迫るタイム。MotoGPシェイクダウン3日目終わる

【MotoGP】ロレンソ、4年ぶりヤマハで“去年の”自分に迫るタイム。MotoGPシェイクダウン3日目終わる

 2月2日から行なわれているMotoGPシェイクダウンテストもついに最終日。この日トップタイムをマークしたのは、KTMのポル・エスパルガロ(1分59秒444)。KTMは3日間を通してタイムシートの一番上につけた。

 また、この日は2019年限りで現役を引退したホルヘ・ロレンソが、ヤマハのテストライダーとして走行に参加した。

■フィニッシュの瞬間「自由を感じた」ロレンソ、引退レースに万感の思い

 ロレンソがヤマハのマシンに乗るのは2016年以来。しかし彼はフィーリングを見出すのにあまり多くの時間はかからなかったと話している。

 最終的にロレンソは46周を走行。タイムは2分0秒506で、これは昨年のレプソル・ホンダ時代にマレーシアGP予選で記録したタイム(2分0秒478)からほんの僅かに遅いだけだ。

 アプリリアからは、レギュラーライダーのアレイシ・エスパルガロもテストに参加し、弟のポルに次ぐ2番手タイムをマーク。彼はエンジンなどを一新した新型RS-GPを走らせ、2019年型との比較試験を行なっていた。

 3番手にはテック3・KTMのミゲル・オリベイラが入った。2分台の壁を破り1分59秒748を記録している。

 ドゥカティは引き続きテストライダーのミケーレ・ピッロが走行し、2020年型マシン開発に取り組んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します