サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【レクサス LX 新型】パイオニア製サウンドシステムを標準装着

ここから本文です

パイオニアのサウンドシステムが、次世代レクサス第2弾となるフラグシップSUV『LX』新型(Lexus KX、2021年12月以降発売予定)に標準装着される「レクサスプレミアムサウンドシステム」として採用された。

第1弾『NX』への採用に続き、パイオニアが長年培ってきた高音質技術と最新のデジタル信号処理技術を詰め込み、次世代レクサスにふさわしいラグジュアリーなサウンド空間とパワフルな低域再生を実現する。

レクサスプレミアムサウンドシステムは、インパネやドアなどに配置される10個のスピーカーと、新のデジタル信号処理技術を搭載した8チャンネルフルデジタルアンプで構成。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ