サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ライコネンの2021年去就は未定。アルファロメオF1代表「来季ドライバー決定は10月以降」

ここから本文です

 数カ月にわたってF1が中断を余儀なくされている間に、ドライバーマーケットにおいては多くの動きがあった。カルロス・サインツJr.が2021年にマクラーレンからフェラーリへと移籍することになり、ダニエル・リカルドはルノーからマクラーレンに加入する。

 2021年にはアストンマーティンへとチーム名を変えるレーシングポイントのCEO兼チーム代表のオットマー・サフナウアーは、セルジオ・ペレスとランス・ストロールの来季残留を明言している。

フェラーリF1のサインツJr.起用に対し「私だったらジョビナッツィに機会を与えた」と元チームオーナー

 ルイス・ハミルトンやバルテリ・ボッタスを含め、2020年末で契約期限満了を迎えるドライバーもいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ