サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 顔は狼、お尻は羊!? スカイラインGT-R最後の4枚ドアモデルとは|オーテックバージョン40thアニバーサリー|

ここから本文です
長野県岡谷市の「プリンス&スカイラインミュウジアム」は、スカイラインファンの聖地として知られている自動車博物館。展示内容は毎年更新されていますので、何度訪れても新鮮さがあります。

今年の展示の注目は、かつてR32型スカイラインGT-R用に開発されたRB26エンジンが搭載されている2台の貴重な4ドアスカイライン。1台はR32型のスカイライン オーテックバージョンで、こちらはノンターボのAT仕様というGT-Rのイメージとはちょっと異なる性格のグランドツアラーです。そして、今回紹介するもう1台の4ドアスカイラインは、同じオーテックの開発ながら今度はGT-Rの名を冠したモデルです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン