サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタ、2022年のWRCを戦うヤリスを発表。ラリー1規定に対応し、ハイブリッド化

ここから本文です

 WRC(世界ラリー選手権)の2022年シーズン公式発表会が、オーストリア・ザルツブルクのハンガー7で開催され、トヨタの新しいヤリスが発表された。

 カラーリングは昨シーズン同様、赤黒白の配色が継続された。ただ、新しいラリー1レギュレーションに対応し、マシンはハイブリッドシステムを搭載。マシンの側面には、ハイブリッド冷却用のエアボックスが新たに設けられた。

■新時代のWRC、ハイブリッドの使い方がキーポイントに? エバンス「タイムに大きく影響するはず」

 新レギュレーションに基づき、100kWのハイブリッドユニットと1.6Lターボエンジンの組み合わせで短時間ながら500馬力を発生する。

 ハイブリッドパワーによるブーストはスロットルペダルと連動。

おすすめのニュース

サイトトップへ