サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヒュルケンベルグ、2021年のF1復帰なるか。複数チームと”話し合い”中

ここから本文です

 F1第4戦イギリスGPで、新型コロナウイルスに罹ったセルジオ・ペレス(レーシングポイント)の代役としてF1に復帰したニコ・ヒュルケンベルグ。彼は2021年に向けて、複数のチームと話し合いをしているようだ。

 ヒュルケンベルグは、イギリスGPで予選13番手となったものの、クラッチのトラブルによりパワーユニットが起動できず、決勝レースは出走できなかった。

■僕にはこういう結果がお似合いさ……悲運のヒュルケンベルグは自虐気味なジョーク

 今週末の第5戦F1 70周年記念GPでも、ヒュルケンベルグがペレスの代役として待機している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン