サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 左肩手術明けのマルケス「まだフルパワーの状態ではなかった」/MotoGPセパンテスト初日コメント

ここから本文です
 2月6日にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで始まった、2019年MotoGP最初の公式テスト。初日を終えて、各ライダーたちが走行を振り返った。オフシーズン中に左肩の脱臼癖を治す手術を受けたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、トップタイムで終えた初日について「フルパワーの状態ではなかった」と身体面について言及している。

■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(初日1番手:1分59秒621)
「長い冬を経て、マシンにまた乗ることができてとてもうれしいが、まだ、フルパワーの状態ではなく、思っていたほどではなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ