サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトンが最速もグリッド降格、ボッタスがポールへ。角田は7戦ぶりのQ3進出で10番手【予選レポート/F1第16戦】

ここから本文です
 10月9日現地時間15時、2021年F1第16戦トルコGPの予選が行われた。トップタイムを記録したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)だが、ハミルトンは10グリッド降格ペナルティを受けることが決まっているため、2番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)がポールポジションから決勝レースをスタートすることになる。

 土曜日は朝から雨模様だったがFP3の後は雨が上がり、予選は路面の大半がドライラインの見えるダンプコンディションでのセッション開始となった。気温は18度、路面温度は22度というコンディション。

おすすめのニュース

サイトトップへ