サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 大本命SUBARU BRZの不安要素と、追う2台が望む“寒さ”。三者三様の個性が滲むタイトル争い【第8戦GT300プレビュー】

ここから本文です

 太陽が隠れる時間はなかったものの、11月下旬らしいしっかりとした寒気に覆われた搬入日の富士スピードウェイ。GT500クラスと同様に激しいタイトル争いが繰り広げられそうなGT300クラスの上位勢も、最終戦の戦いに向けて静かに準備を進めていた。

 6ポイントのマージンでGT300のドライバーズランキングをリードするSUBARU BRZ R&D SPORT(タイヤはダンロップ)。追われる立場、しかもチームにとっても“悲願”であるタイトルがかかる状況だが、山内英輝はいつもどおり爽やかな笑顔で金曜日のサーキットに現れた。

2021年スーパーGT第8戦富士スピードウェイ 11月26日搬入日の様子

 だが「緊張感はあります」と言う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ