サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、FCシステムをパッケージ化したモジュールを開発…様々な製品に活用可能

ここから本文です

トヨタ、FCシステムをパッケージ化したモジュールを開発…様々な製品に活用可能

トヨタ自動車は燃料電池(FC)システムをパッケージ化したFCモジュールを開発、2021年春以降(予定)に販売を開始すると発表した。FCモジュールはトラック・バス・鉄道・船舶などのモビリティや定置式発電機など、様々なFC製品に活用できる。

近年、各国・地域で水素を活用する様々な政策が打ち出され、多くの企業の参入が相次いでおり、様々な用途にて水素・FC技術を活用するニーズが高まっている。トヨタは、こうしたニーズに応えるために、高性能化された2代目MIRAIのFCスタックやエア供給・水素供給・冷却・電力制御など、FCシステム関連部品をコンパクトサイズにパッケージ化した。

FCモジュールは、電圧範囲が広く(400~750V)、FC専用の昇圧コンバーターを内蔵したことでモーター・インバーター・バッテリーなどを備えた既存の電気機器に直接接続することが可能。より容易にFC製品の開発・製造が可能となる。

定格出力は60kWと80kWの2種、各々に縦型(タイプI)と横型(タイプIII)の2種の計4タイプをラインアップ。4タイプのモジュールを組み合わせることで、様々な出力、搭載スペースに応じて柔軟に適合する。また、モジュール化により、FCシステム関連部品を個々に搭載するための設計や各部品間の接続は不要。適合させる機器との接続箇所を少数に集約できるため、容易な搭載が可能となる。

水素の使用や高電圧に対する安全性については、FCVやハイブリッド車などの電動車開発で培ってきた対策を実施。低・高温時や酸素量が少なくなる高地でのシステム稼働、振動対策など幅広い使用環境に対応する。またFC製品事業者がFCモジュールを活用する際は、要望に応じて、経験豊かなエンジニアが、燃費や使用期間、ランニングコストなどに応じた最適配置・設計をサポートする。

トヨタではこのFCモジュールを多くのFC製品事業者に活用してもらうことで、水素活用の促進を目指し、FCのシステムサプライヤーとしての取り組みを強化していく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します