サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD、スペインGPの”敗北”を振り返る「メルセデスとハミルトンの速さと戦略は、我々を上回っていた」

ここから本文です
 F1スペインGPの決勝終了後、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターがオンラインでの会見に応じ、「メルセデスとルイス・ハミルトンの速さと戦略は、我々を上回っていた」と語った。

 スペインGPは、ハミルトンとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の一騎打ちとも言えるレースとなった。しかしフェルスタッペンが1ストップで走り切ることを狙ったのに対し、ハミルトンは2ストップ戦略を選択。これが功を奏し、ハミルトンは残り7周というところでフェルスタッペンを抜いて首位に立つと、そのままチェッカーフラッグまで駆け抜け、今季3勝目を挙げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン