サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「新型モデル試乗」メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークの他車にない個性とは

ここから本文です

「新型モデル試乗」メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークの他車にない個性とは

鑑賞に値するワイドプロポーション。個性的なスタイリッシュなワゴン

 CLAクラスがフルモデルチェンジし2ndモデルに移行した。ボディタイプは4ドアクーペと4ドアシューティングブレーク。後者は上級モデルのCLSクラスには未設定だから、貴重な存在だ。
 2ボディともディーゼルターボ(200d)、ガソリンターボ(180と250・4マチック)、高性能AMGエンジン(35・4マチックと45S・4マチック+)が設定されている。すべて直4ユニット(1.4リッターと2リッター)+7速&8速DcTの組み合わせだ。

現代版・羊の皮をかぶった狼特集:頑張れば手に入る「本物のAMG」。A35の306psパワーは大人を魅了できるか?

 スペシャルティモデルらしく、エクステリアは「スタイリッシュさ」を最優先。結果、旧型で感じたリアの寸詰まり感(=カッコ悪さ)は解消された。鑑賞に耐えるシルエットを得たと思う。トレッドはベース車となる最新Aクラスと比べ35~40mm拡大し、ハンドリング指向の設定にもなっている。

 ボディサイズは、シューティングブレークが全長×全幅×全高4695×1830×1435mm(AMGライン装着車)。Cクラス・ワゴン(同4720×1810×1440mm)とほぼ同等。日本でも扱いやすいミディアムクラスといえる。ラゲッジ容量は505~1370リッター。後席は4対2対4分割。リアゲートとフロア面までに段差があるので重量物の積み込みはちょっぴり大変だが、ワゴンとしての適性は高い。シューティングブレークは、実用性を期待して購入しても満足できるマルチユースな存在だ。

まず2リッターディーゼルを味見。走りと正確なハンドリングに大満足

 販売主力は、試乗車の250・4マチック(549万円)と200d(487万円)。パワーユニットは250が2リッターガソリンターボ(224ps/350Nm)、200dは2リッターディーゼルターボ(150ps/320Nm)。車両価格差は約60万円。パフォーマンスは200dでも実用上は全まったく問題ない、というより、十分だ。1.4リッターのガソリン(136ps/200Nm)の180であっても力不足は感じないのだから、分厚いトルクを誇る200dともなれば、走りは快活である。

 右足にちょっと力を込めただけで低速域から豊かなトルクがあふれ出す。いつでもどこでも力強い走りをみせてくれた。スタイリッシュなデザインによく見合ったパフォーマンスの持ち主である。

 とくに気に入ったのは正確なハンドリング。ワイドトラック化の効果だろう。ワインディングロードではベースになったAクラスに比べてしっかりと路面を捉える印象が強い。ステアリングホイールからの手応えはよく、ドライバーは自信を持って攻め込んでいける。半面、低速域では乗り心地が悪化する場面があった。タイヤサイズの問題もあるのだろう。

ベストバイは250・4マチック! 上質さと走りのバランスが素晴らしい

 上質な乗り味を求めるユーザーはガソリンターボの250・4マチックを選ぶべき。パフォーマンスはスポーティカーと呼ぶにふさわしい。絶対的ともいえる加速力を備えているうえに、回すと刺激的なサウンドが耳に届く。感性面のチューニングも心憎い。駆動方式は4WDだから、しっかり&しっとりとしたライドクォリティが楽しめる。

 CLAクラスのリアサスはマルチリンク式。後輪の追随性はハイレベル。4マチック仕様は、クラスを超えた重厚なフィールが加わる。高速クルージングでの安定・安心感は印象的なほど。FFの200dも悪くはないが、250・4マチックモデルのほうが断然優れていた。

 シューティングブレークは、4ドアクーペと比べても乗り味がしっとりしている。全般的にスポーティ指向のCLAクラスは、ゼブラ路面でバタバタする傾向がある。しかしシューティングブレークならほとんど気にならない。
 250・4マチックのドライブは、ごく低速域でたまにパワートレーンの作動を荒く感じた場合があったが、終止満足感が高かった。上質な乗り味という点でシューティングブレークの250・4マチックは高得点をマークする。

 キャビンのパッケージングも巧みだ。スタイリング優先設計ながら、車高を極端に低くしなかった点がプラスをもたらした。前席に座っている限り不都合は感じない。後席はやや閉塞感があるが、それでも大人2名に十分なスペースがある。旧型比でずいぶんと快適になった。
 ボクはFF系ベース車の中では、走りのテイストはCLAクラスの4マチックが最良だと思う。4ドアクーペもいいが、ライバルにはないシューティングブレークのユニークさを推す。「他にない」ことは、それだけで大きな魅力だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します