サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC第2戦スウェーデン:シェイクダウン“2本目”もヤリスWRCがトップ3独占。ラトバラが最速

ここから本文です
 2020年WRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは2月13日、スウェーデン・カールスタッドでシェイクダウン“2本目”が行われ、プライベーターとして参戦しているヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムを記録した。2番手にはスウェーデンのカール・フィリップ王子を助手席に迎えたセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)、3番手にはカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が続いた。

 シリーズ唯一のフルスノーイベントとして予定されていたラリー・スウェーデンだが、2020年大会は暖冬で充分な積雪がなく、当初の予定が大幅に変更されて開催されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ