サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、タイヤを換えずグリッドにポツンとひとり……メルセデス「判断は100%適切だった」

ここから本文です
 F1第11戦ハンガリーGPは、スタート前から波乱の展開となった。スタート進行中に雨が降り出し、各車がインターミディエイトタイヤでスタート。しかし、ターン1での進入でバルテリ・ボッタス(メルセデス)が多重クラッシュを引き起こしてしまったのだ。

 コース上にはデブリが散らばり、レースは赤旗中断。首位のルイス・ハミルトン(メルセデス)は無傷だったものの、彼とタイトル争いをしているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はマシンにダメージを負い、後方に沈んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ