サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカール・ラリー4日目:総合首位はサインツSr.で変わらず。2日目にアクシデントのアロンソはクラス総合20番手まで挽回

ここから本文です

ダカール・ラリー4日目:総合首位はサインツSr.で変わらず。2日目にアクシデントのアロンソはクラス総合20番手まで挽回

ダカール・ラリー4日目:総合首位はサインツSr.で変わらず。2日目にアクシデントのアロンソはクラス総合20番手まで挽回

 2020年のダカール・ラリーも4日目のステージを終えた。この日のステージ優勝となったのはX-Raidミニのステファン・ペテランセルで、タイムは4時間4分34秒だった。

 ダカールで通算13回(二輪含む)の優勝を誇るペテランセルは、最初のウェイポイント以外は全て最速タイムを記録し、他を圧倒して見せた。

■アロンソ、夢のステージ優勝が見えてきた? 首位と遜色ないタイムに自信掴む

 同じくX-Raidミニを駆るカルロス・サインツSr.は、この日もステージ3位につける走りを見せ、総合首位の座をがっちりとキープした。

 ナサール・アルアティヤ(トヨタ)はこの日ステージ2位に入ったことで、総合首位のサインツSr.との差を縮め、3分差の2番手につけた。なお、アルアティヤは3日目のステージでサインツSr.を妨害したとして3分のタイムペナルティを受けているため、その差がそのまま現在のタイム差となっている。

 4日目のステージを制したペテランセルは総合3番手に浮上。そこにヤジール・アル・ラジ(トヨタ)、そしてオーランド・テラノバ(X-Raidミニ)が続いている。今回のダカール・ラリー開催国サウジアラビアの地元ドライバーであるラジは、テラノバをわずか3秒リードしている。

 そして今回がダカール・ラリー初参戦の元F1ドライバー、フェルナンド・アロンソ(トヨタ)はステージ13位だった。

 アロンソは2日目にマシンが大破するアクシデントに見舞われ、修復作業で2時間をロスした。その時点で四輪クラスの総合47番手まで後退していたが、3日目にはステージ4位となり32番手にジャンプアップ。さらに4日目にステージ13位に入ったことで20番手となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します