現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1人乗りでデビューさせちゃったダイハツの心意気に敬礼! たった5年でも偉大な足跡を残した「ミゼットII」

ここから本文です

1人乗りでデビューさせちゃったダイハツの心意気に敬礼! たった5年でも偉大な足跡を残した「ミゼットII」

掲載 更新 4
1人乗りでデビューさせちゃったダイハツの心意気に敬礼! たった5年でも偉大な足跡を残した「ミゼットII」

生産はハンドメイドだった

 ダイハツのみならず、日本車を代表する3輪トラックの名車といえばミゼットだろう。「街のヘリコプター」をキャッチフレーズにして、高度経済成長を縁の下から支えたモデルと言っていい。そんなミゼットの復活となったのが1996年に登場したミゼットIIだ。

いま軽トラいじりの人気が爆騰がり! ブームに乗るなら見ておきたいベース車4台の中身

 それまでに布石はあって、1993年の第30回東京モーターショー、その次の第31回にもプロトタイプが参考出品されている。当時、関係者に聞いたところでは「市販化するかは検討中」とかなり迷っていることが見て取れた。バブルは弾けつつも、まだ景気はそれほど悪くなかった微妙な時代だけに、悩むのも当然ではあった。

 結局、モーターショーでの反響も大きく市販化に至ったわけだが、当初はひとり乗りのトラックタイプで、4速MTのみだった。グレードはDタイプを標準として、その下級にBタイプ。上級としてカスタム仕様のRタイプという3つが用意された。ちなみにモーターショーでは3人乗りのミゼットIIIも出品されていたが、こちらは市販化はされなかった。

オリジナルのイメージを現代流にアレンジして採用

 当初から大いに話題になって、配達などに使われているのをよく見かけた。それは単なる「昔の名前で出ています」ではなく、オリジナルミゼットのイメージをうまく現代流にアレンジして採り入れていたからだろう。ボディサイズ自体がありえないほど小さく、全長2790mm、全幅1295mm、全高1650mmで、ホイールベースも1840mmしかなかった。

 ちなみに当時、生産はオートメーションではなくて、ベルトコンベアに載せて移動させつつ、ハンドメイドというのが話題になった。これはこだわりというよりも、小さすぎで通常のラインに乗せられないというのがおもな理由だった。

 エンジンは、当時のダイハツ車でお馴染みだったSOHCのEF-CK型で、キャブレターを組み合わせていたのも時代だろう。最高出力は31psと非力だったが、580kgという車重には十分だった。またタイヤ&ホイールは10インチで、ブレーキは全輪ドラムブレーキと簡素なもの。車内は当然必要最小限の余裕しかなく、メーターもスピードと燃料計のみというシンプルさだった。

地道に進化を続けたミゼットII

 話題になったとはいえ、一見すると一発屋なのだが、ミゼットIIのすごいところは進化を続けたということ。1997年にはそれまでのトラックタイプ(ピックに名称を変更)に加えて、箱型の荷室を載せたカーゴを追加。3速ATを追加しつつ、シフトをコラム化することでスペースを確保して、ふたり乗りも登場した。ちなみにこのときに一部グレードに触媒が装着されるようになった。

 その後も1997年にはアメリカンなカスタムを施したその名も「アメリカンカスタム」が登場したり、1998年には一部グレードでエアコンが標準装備されている。つまりそれまではエアコンは標準では付いていなかったのだ。

 そして1999年には安全性の向上を目的とした軽規格の改訂が行われたことから、これを受けてミゼットIIも大幅な改良を受ける。まずアイコンだったフロントのスペアタイヤを荷台に移設しつつ、全長を105mm拡大。バンパー内に吸収材を入れるなどして基準をクリアしている。

 またエアバッグが一部グレードへのオプションながら用意されたり、衝撃吸収ステアリングへの変更もされた。エンジンもインジェクション化されて、燃費もMTで15.8km/Lから20.0km/Lへと向上していた。

 このようにユニークな存在かつキャラクターながら、地道に進化を続けてきたミゼットIIも2001年6月に生産中止となって、約5年の歴史に幕を下ろした。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

“帝王”・本山哲監督からの、SFルーキーへの金言。木村偉織「『実力以上の結果は出ない』という言葉で、気持ちを整えてレースに臨める」
“帝王”・本山哲監督からの、SFルーキーへの金言。木村偉織「『実力以上の結果は出ない』という言葉で、気持ちを整えてレースに臨める」
motorsport.com 日本版
アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
レスポンス
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
くるまのニュース
8/28申込締切 トランプ政権2.0時代のサプライチェーンと日本に求められる対応
8/28申込締切 トランプ政権2.0時代のサプライチェーンと日本に求められる対応
レスポンス
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
くるまのニュース
ライダーを守る最後の要! 首都高が導入する転落防止構造とは?
ライダーを守る最後の要! 首都高が導入する転落防止構造とは?
バイクのニュース
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
レスポンス
【試乗】SUVではないというフェラーリの「いい訳」も乗れば真実に変わる! プロサングエが見せた「あくまでフェラーリ」な世界
【試乗】SUVではないというフェラーリの「いい訳」も乗れば真実に変わる! プロサングエが見せた「あくまでフェラーリ」な世界
WEB CARTOP
アルプスアルパイン、中国現地法人にサイバー攻撃 現時点で生産出荷に影響なし
アルプスアルパイン、中国現地法人にサイバー攻撃 現時点で生産出荷に影響なし
日刊自動車新聞
【V8 SUVテスト】優れたパフォーマンスと極上のサウンド 新型アウディ「SQ8 TFSIクワトロ」を徹底テスト&総評価!
【V8 SUVテスト】優れたパフォーマンスと極上のサウンド 新型アウディ「SQ8 TFSIクワトロ」を徹底テスト&総評価!
AutoBild Japan
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
元ハースF1代表シュタイナー、新規参戦目指すアンドレッティにアドバイス「既存チームを買え」
motorsport.com 日本版
“地獄渋滞”名神の救世主「名岐道路」に反響多数!?「一刻も早く開通して」悪名高い「一宮JCT」スルー! 名古屋高速を「東海北陸道」へ延伸
“地獄渋滞”名神の救世主「名岐道路」に反響多数!?「一刻も早く開通して」悪名高い「一宮JCT」スルー! 名古屋高速を「東海北陸道」へ延伸
くるまのニュース
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
レスポンス
イタリア発の「スポーツネイキッド」は赤いストライプとチェッカー模様がおしゃれ! ベストセラーの特別仕様は“強化されたエンジン”にも注目です
イタリア発の「スポーツネイキッド」は赤いストライプとチェッカー模様がおしゃれ! ベストセラーの特別仕様は“強化されたエンジン”にも注目です
VAGUE
腕1本で稼げるから……なんて甘い社会じゃない! タクシー運転士は思ったよりも「社会の縮図的」職業だった
腕1本で稼げるから……なんて甘い社会じゃない! タクシー運転士は思ったよりも「社会の縮図的」職業だった
WEB CARTOP
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」24年発売!エックスフェイス×カクカクデザイン採用!? 「S7」スペック新公開! 中国に投入へ
くるまのニュース
4ストなのにマフラーから白煙が消えない!? その原因とは?
4ストなのにマフラーから白煙が消えない!? その原因とは?
バイクのニュース
[カーオーディオ・素朴な疑問]メインユニット…『アルパイン・BIG DA』のオーディオ機器としての実力は?
[カーオーディオ・素朴な疑問]メインユニット…『アルパイン・BIG DA』のオーディオ機器としての実力は?
レスポンス

みんなのコメント

4件
  • 多分アメリカに持っていくと高く買われるんだろうな、あっちはこういう小さな趣味グルマがないから
  • 10年間売り続けているトヨタ車体のコムスの影の薄さよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9145.0万円

中古車を検索
ミゼットIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9145.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村