サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これぞ隠れた名車!! トヨタ アベンシス 欧州仕込みの実力と悲哀 【偉大な生産終了車】

ここから本文です

これぞ隠れた名車!! トヨタ アベンシス 欧州仕込みの実力と悲哀 【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

【たとえ名車と呼ばれなくても】 日本車の歴史を縁の下で支えたクルマたち

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ アベンシス(1997-2018)をご紹介します。

●【画像ギャラリー】欧州専売を経て日本へ! トヨタ 歴代アベンシスの姿をギャラリーでチェック!!!

文:伊達軍曹/写真:TOYOTA

■初代は欧州専売 2代目から逆輸入の形で日本へ

 トヨタが英国のToyota Motor Manufacturing (UK)Ltd.で生産し、日本へも一部が輸入販売され、一部の車好きからは大好評となったDセグメントのセダンおよびステーションワゴン。

 しかし国民性や交通環境などの違いから(日本では)ヒットせず、静かに消えていった名車。

 それが、2代目および3代目のトヨタ アベンシスです。

2代目アベンシス(セダン)※写真は欧州仕様


2代目アベンシス(ワゴン)※写真は欧州仕様

 1997年から2003年まで販売された初代アベンシスは欧州専売車でした。しかし2003年3月に欧州で発売された2代目アベンシスは、同年10月から逆輸入車として日本国内でも販売されることになったのです。

 その生産は前述のとおりToyota Motor Manufacturing (UK)Ltd.で、デザインはフランスのトヨタ・ヨーロッパ・デザイン・ディべロップメントが担当。

 そしてセダンの「アベンシス」とステーションワゴンの「アベンシスワゴン」が日本市場に導入されました。

 2代目アベンシスはセダンもワゴンも、それはそれは素晴らしい出来映えの車でした。

2代目セダン(上)とワゴン(下)のサイドビュー

 日本仕様に用意されたエンジンは最高出力155psの2Lガソリン直噴だけで、トランスミッションはいささか新鮮味に欠けるオーソドックスな4速AT(※2005年10月の一部改良で2.4Lエンジンを追加し、ATを5速に改めましたが)。

 しかしながら「欧州車を超えるトヨタの欧州車」をテーマに開発され、7000時間を割いたというシンプルビューティなデザインと、欧州各地における6万kmのテスト走行で得た走りのテイストは、同時代のライバル、つまりフォルクスワーゲン パサートやオペル ベクトラなどにもまったく引けを取らないものがありました。

 そんな2代目(日本では初代)アベンシスは2006年7月のマイナーチェンジを経て2008年末まで販売されました。

 欧州では2009年1月からすぐさま3代目が発売されたのですが、これは日本市場には導入されませんでした。一部の車好きがその走りを愛したアベンシスというブランドは、日本ではしばらくの間「空白」となっていたのです。

 しかし2011年9月、3代目アベンシスは日本市場にも導入されることになりました。とはいえ、まずは2011年7月から10月までの期間限定生産だったのですが、とにかく導入はされました。

欧州から見れば通算3代目、日本のみでは2代目となるアベンシス。2011年6月から「日本のお客様の声」に応える形で導入が決定された


 日本に導入された3代目(日本では2代目)はステーションワゴンのみで、エンジンは2リッター直4DOHCの3ZR-FAE型オンリー。トランスミッションは、欧州専用にチューニングされたというパドルシフト付きのCVT(7段スポーツシーケンシャルシフトマチック)でした。

 こちらも2012年や2015年のマイナーチェンジを経ながら細々と販売が続いたのですが、結果としてヒットには至らず、残念ながら2018年4月に販売を終了。

 以降、今のところ「アベンシス」というブランドは再び消滅状態となっています。

■力作ながら日本では振るわず…その理由は「交通事情」と「国民性」!?

 前段にて「アベンシスは同時代のフォルクスワーゲン パサートやオペル ベクトラなどにもまったく引けを取らないものがあった」と申し上げましたが、トヨタ アベンシスは2代目も3代目も、まさにそんなニュアンスの高速巡航が堪能できる素晴らしいDセグメント車でした。

 しかしそのような素晴らしいモデルがなぜ、日本ではヒット作にならなかったのでしょうか?

 さまざまな理由があるはずなので断定はしづらいのですが、筆者としては「欧州と日本における国民性および交通環境の違いが主たる原因だった」と考えています。

3代目アベンシスのリアビュー。流麗でダイナミックなスタイルを備えている

 トヨタ アベンシスは、2代目も3代目も「わかりやすい華」は特にない車でした。

 強烈なターボチャージャーが付いているわけでもなく、ものすごく便利な装備が付いているわけでもない、どちらかと言えば「地味な車」です。

 ですが地味な代わりに車としての本質部分、つまり「どんな路面状況でもドライブフィールにあいまいなところがなく、その気になれば300kmぐらい走り続けても疲れず、そして人も荷物もしっかり収容できる」という部分においては「派手」とすら言えるほどの実力を備えた車でした。

取り回しやすいミディアムサイズの全長4765mmに、大人5人がゆったりと乗ることができるゆとりの居住空間を実現(写真は3代目)

 それゆえ、長距離を高速巡航する機会も多い欧州の人々は、アベンシスの魅力をスッと理解することができました。言い方を変えるとアベンシスの表層ではなく本質に、自分のお金を喜んで支払ったのです。

 しかし日本社会の現実から考えると、「ハイスピードで300km先の目的地まで一気に駆け抜ける」なんてことはほとんどありません。やりたくても、法規や道路事情の関係でほぼ無理です。

 そのため、もちろん一概には言えないのですが、「地味だけど、走ると凄い車」よりも「わかりやすいキャラも備えた車」――例えばターボが凄いとか、車内が広いとか、デザイン的にキラキラしてるとか――のほうが売れる傾向があります。

 それゆえアベンシスは「本質」みたいな部分を重視するカーマニアには刺さったのですが、そうではない人々……というか、世の中の大多数を占めている「フツーにトヨタ車とかを買う」にとっては、今ひとつ意味不明なセダン/ステーションワゴンだったのです。

内装は、欧州車らしい硬質感のある造形に、チタン調やめっきの加飾を随所に使用。欧州におけるトヨタブランドのフラッグシップモデルにふさわしい上質感を表現した(写真は3代目)

 このようにしてアベンシスは、日本市場では人気薄なまま終わってしまいました。

 しかし最近のカローラやヤリスの素晴らしい走りっぷり見るにつけ、今後は日本でも「アベンシス的なトヨタ車=素晴らしい走りを披露してくれるトヨタ車」がごく当たり前に発売され、そして普通に受け入れられる時代がやってくるのかもしれない……なんて、筆者は夢想しています。

■トヨタ アベンシス 主要諸元
・全長×全幅×全高:4700mm×1760mm×1525mm
・ホイールベース:2700mm
・車重:1410kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1998cc 
・最高出力:155ps/6000rpm
・最大トルク:19.6kg-m/4000rpm
・燃費:13.0km/L(10・15モード)
・価格:272万円(03年式アベンシスワゴン Liスポーツパッケージ)


●【画像ギャラリー】欧州専売を経て日本へ! トヨタ 歴代アベンシスの姿をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します