サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ストリートゼロヨン最速DR30再生計画」コクピットも現代的にモディファイ!【連載6回目】

ここから本文です

インテリアメイクの方向性が決定。足回りはあと一息で完成だ!!

思いつきで決まった!? メインメーターに注目!

「SSTの可能性を追求した老舗のランエボX」2.2L化でキャタピラー用タービンを回し切る!

エンジンとか駆動系とか足回りとか、メカ系にこそチューニングの真髄&醍醐味はある! と思う連載担当からすると、ぶっちゃけ内外装というのはあんまり興味をソソられなかったりする。

が、今回は違った。ガレージ八幡の森田代表が“予想外の飛び道具”を用意してたからだ。それはメインメーター。水平指針のスピード&タコメーターに代えて9インチモニターを埋め込み、HKS CAMP2を接続。クルマに関する全ての情報をそこに表示させるのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ