サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディ500:ファストフライデーはアンドレッティ首位。佐藤琢磨8番手、ホンダ勢がトップ10に9台

ここから本文です

 インディ500のプラクティス3日目、週末に行なわれる予選に向けて、ターボの最大ブースト圧が1.3barから1.5barまで上がるファストフライデーは、マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・ハータ・オートスポーツ)がトップタイムを記録した。

 アンドレッティはトウ(スリップストリーム)を得て233.491mph(時速375.767km)を午前中に記録。午後は気温・路面温度が上がったことで、アンドレッティが首位を維持した。

■マクラーレンに深夜作業の特別許可。ファストフライデーに向けてアロンソのマシン修復

 シボレーエンジン勢のトップはコナー・デイリー(エド・カーペンター)で2番手。

おすすめのニュース

サイトトップへ