サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WSBK】ワークス復活のホンダ、勝利は“時間の問題”? バウティスタ「目標は勝利のみ」

ここから本文です

 2020年のスーパーバイク世界選手権(WSBK)は、ホンダが2002年以来18年ぶりにワークス体制で参戦する。

 ホンダはライダーとして、2019年にMotoGPからWSBKへ転向しドゥカティのマシンを駆って開幕戦から優勝を重ねたアルバロ・バウティスタと、2019年にカワサキでランキング7位を記録したレオン・ハスラムを起用。新型マシンCBR1000RR-Rを携えて、5連覇中の絶対王者ジョナサン・レイ(カワサキ)の打倒を目指している。

■BMW、MotoGP参戦には否定的。ブランディング効果が“労力”に見合わない?

 1月末にはポルティマオでプレシーズンテストが行なわれ、ハスラムは6番手、バウティスタは16番手タイムをマークした。

おすすめのニュース

サイトトップへ