サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 必ず最後に正義は勝つ? レーシングポイント代表がペナルティ受けたトロロッソ・ホンダのクビアトに口撃

ここから本文です
 F1アメリカGPのレース終盤では、10位を争うセルジオ・ペレス(レーシングポイント)とダニール・クビアト(トロロッソ)が接触し、クビアトに5秒のタイム加算ペナルティが科されるというインシデントがあった。

 ファイナルラップにペレスを射程圏内に捉えたクビアトだったが、バックストレートエンドのターン12はケビン・マグヌッセン(ハース)のマシンがストップしている影響でイエローフラッグが振られており、仕掛けることはできなかった。そのためクビアトはターン12手前のバックストレートでDRSを利用して差を詰め、ターン15でペレスのインを突いた。