サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピットレーンスタートのペレス、7位を諦め、チームに貢献:レッドブル・ホンダ/F1第10戦決勝

ここから本文です
 2021年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは16位だった。

 ペレスは土曜スプリント予選でリタイアした後、パルクフェルメコンディションでマシンをモディファイしたことで、ピットレーンスタートとなった。ハードタイヤから18周目にミディアム、38周目にミディアムに交換。その後、チームは、ルイス・ハミルトンからファステストラップを奪う目的で、終盤、ペレスにソフトタイヤを履かせることを決めた。10番手走行中の48周目、ソフトタイヤに換えたペレスは、狙いどおりファステストラップを記録した。ペレス自身はポイント圏外に落ちたため、ボーナスポイントは得ていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン