サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > F1エミリア ロマーニャGP、クビアトが健闘するもホンダ勢のコメントには悔しさが滲む【モータースポーツ】

ここから本文です
2020年11月1日、 イタリア・イモラサーキットで行われたF1第13戦エミリア ロマーニャGP。予選でマックス・フェルスタッペンが3番手、ピエール・ガスリー4番手、アレクサンダー・アルボン6番手、ダニール・クビアト8番手と4台全車がトップ8に入ったホンダ勢、打倒メルセデスに向けて大きな期待がかかったが、クビアトが4位に入賞したものの、アルボンが15位、フェルスタッペンとガスリーはリタイアと残念な結果に終わった。ドライバーはこのレースをどう振り返ったのか。コメントが届いたのでそれをお伝えしよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ