サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2020-2021年に注目された輸入ラグジュアリーモデル。ADASの進化と電動化が急加速、それぞれに野心的な近未来像を追求

ここから本文です

2020-2021年に注目された輸入ラグジュアリーモデル。ADASの進化と電動化が急加速、それぞれに野心的な近未来像を追求

2020年のラグジュアリーカーセグメントでは、かねてからの宣言どおり「全車電動化」を果たしたボルボなど、次世代技術の投入が急加速しつつある。時代の流れを先んじ、遅れまいとするブランドごとの戦略が、明確化した2020年だった。(Motor Magazine2021年2月号より)

ADASと電動化で覇を競うラグジュアリーモデル
クルマづくりの華ともいえるビッグサルーンの開発は、現在、大きな分岐点に立っている。未来への道筋を示すふたつのテーマは、言うまでもなくADASと電動化だ。高価な新技術を吸収しやすい価格帯ということもあって、各社の先進性が盛り込まれやすいのもこのセグメントの特徴だ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

電動化にフォーカスすれば、いよいよポルシェ タイカンのデリバリーが開始されたことも2020年を象徴するニュースだろう。直近ではアウディがこのタイカンの技術をベースとしたe-tron GTの生産を開始したと発表している。

また、メルセデスが新しいアーキテクチャーと共に開発を進めてきたEQSは2021年の生産開始が明言されているほか、BMWも次期7シリーズにi7が設定されることを示唆。イギリス勢ではすでにジャガーがXJの電動化を明言、2021年の発表が予想されている。欧州勢によるビッグサルーンのBEV化はいよいよ待ったなしの様相だ。

もうひとつのテーマとなるADASについては、ホンダがレベル3走行機能を搭載したレジェンドの型式指定を取り付けたというトピックは大きい。適用は日本国内のみ、機能は制限されるが、それでもレベル3の市販化は世界初となり、ここでの前例が及ぼす影響は小さくはないだろう。

Eセグメントの進化の方向性に共通性が生まれた
2020年の状況を振り返ると、コロナ禍によるスケジュールの乱れなどもあってか、Eクラスと5シリーズのマイナーチェンジモデルがほぼ同時期にリリースされるという珍事が印象的だった。

新型Sクラスの意匠を先出ししたかのような存在感のEクラスは、ADASの機能進化やMBUXの採用も含めたユーザーインターフェースの改善など、静的項目における進化幅が大きい。日本初のARナビゲーションは、カメラで捉えた実像にルート指示などを重ねてリアルタイムで表現する。ローカライズを実現したインポーターの努力は推して知るべしだ。

一方の5シリーズも、やはり進化のポイントはADASになる。3シリーズで先行していたドライビングアシストプロフェッショナルを全車で標準装備。ハンズオフ機能付き渋滞運転支援や過去50mの軌跡を記憶し後退時にトレースするリバースアシストなどの機能が追加された。

Eクラス同様にAI対話型ボイスコマンドも採用。ライバル間での進化のベクトルは、確実に接近している。2020年フルモデルチェンジしたA6も含め、ドイツ御三家のEセグメントでの覇権争いは、その乗り味の密度の濃さも含めて、他国銘柄が付け入る隙はもはやないようだ。

そんなドイツ勢とは一線を画する進化の道筋を辿るのがボルボだが、2020年はいよいよ全車種のパワートレイン電動化が完了した。トップグレードのV90シリーズも例外ではなく、この秋、日本でも48Vマイルドハイブリッドシステム搭載モデルを導入。

ベルトドリブンのスタータージェネレーターで、エンジンの効率が悪い領域を効果的にアシストする。ボルボの野心的な目標は達成された上、それが時代の流れを見事に捉えてきたことには感服する。

洗練された走りとともに異次元のハンドリングを実現
野心的と言えば、アウディA8のキーテクノロジーであるプレディクティブアクティブサスペンションが2019年末から日本仕様でも選択可能となったことにも触れておきたい。これはカメラによって前方路面の状況を検知、減衰力や車高をフィードフォワード制御するもの。スタビライザーに据え付けられたモーターを48Vシステムでドライブ、制御のレスポンスに優れることが特徴だ。

この新しいサスペンションは、コーナーでもロールを封じ込めるかのような徹底的なフラットライドをみせるほか、万一の側突時に備えて車高を瞬時に高め、高強度のサイドシル側で相手を受け止めるなど、多面的なボディコントロールを実現している。Sクラスとも7シリーズとも違う乗り心地の洗練ぶりにも目を見張るものがあった。

そしてハイエンド系のセグメントではEセグメントさながらに、フライングスパーとゴーストという両雄が揃ってフルモデルチェンジを受けて上陸した。フライングスパーはMSBモジュールを得て乗り心地と走りの両面が一気に高次元化したのが印象的だった。それまでは上質感において厳然とした差異が感じられたW12とV8だが、新型ではV8の側が一気にその差を縮めて存在感を高めたことも特筆すべきポイントだろう。

ゴーストは車台をロールスロイス独自のアルミスペースフレームアーキテクチャーへと移行したが、これも独自開発のプラナーサスペンションシステムによって、持ち前のマジックカーペットライドを進化させながら、ロールスロイスとしては異次元ともいえるハンドリングを両立している。

オーナードリブンとしても究極を指向するこの2台こそが、現在のトップ・オブ・サルーンであることに異論の余地はない。そして2021年はいよいよ日本にも完全刷新されたSクラスが上陸する。このクルマが見せてくれる世界が、すなわち自動車の近未来を示すものであることは間違いないだろう。(文:渡辺敏史)

[ アルバム : 2020-2021年に注目された輸入ラグジュアリーモデル はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します